最上屋概要

最上屋とは

 

初代吉田藤吉が、1871年(明治4年)に柏崎の地で和菓子屋「藤(とう)月堂(げつどう)」として創業いたしました。
その後初代の出身地である山形県最上地方にちなんで屋号を「最上屋(もがみや)」と改名し、
地域の人々に柏崎の思いを伝える和菓子を作りつづけてまいりました。


 

ブルボンの創始者を排出

 

洋菓子文化も地域ではいち早く取り入れ日本を代表する菓子メーカーの1つ
株式会社ブルボンの創業者を輩出するなど、柏崎の菓子文化に貢献しています。

笹だんご、チマキ等伝統的なお菓子を大切にする一方で、
道明寺製の桜餅をパイに包んで焼いたお菓子を発売するなど、
既存の和菓子にとらわれないさまざまな新商品や季節を彩る商品を開発しております。

ページのトップに戻る